タグ: 特徴

50代女性で風俗嬢になれない人の特徴を徹底解説

50代の本音
50代女性でも風俗嬢として活躍する人は沢山います。 しかし、中にはどんなに多くの求人に応募しても面接で採用されない50代女性もいます。 今回は、50代女性で風俗嬢になれない人の特徴についてお伝えします。 面接の採否を決めるのは、容姿レベルだけではありません。 熟女専門の風俗店に採用される為には、風俗店のコンセプトに合うことも重要なポイントなのです。 50代で熟女風俗嬢を目指したい人は、本記事内容を参考に採用基準を満たして下さいね。   50代女性で風俗店の面接に落ちる人の特徴5選 同じ50代女性でも、風俗店の面接に採用される人と立て続けに不採用になる人がいます。 当人は、どうして面接の採否結果に違いが生まれるのか理解していません。 実は、同じ50代女性でも「風俗嬢に向いていない」と思われてしまう人は、目立った特徴があるのです。   清潔感がない 50代女性で風俗店の面接に落ちやすいのは、清潔感がない人です。 風俗嬢は、男性客と裸の付き合いをしますよね。 その際に、清潔感がない女性に男性は興味を持つでしょうか? 答えは、NOです。 たとえ50代と加齢が進んでいても、清潔感や女性らしさを忘れてはいけません。   第一印象が「だらしない」 50代女性で金銭的に困っていると、風俗店の面接にも適当な服装で臨みがちです。 優良な熟女系風俗店の面接官が、ダメージジーンズにTシャツの女性を見たらどう思うでしょうか? 「面接時の服装も知らないのだな」と内心でガッカリされてしまうでしょう。 人の第一印象が決まるのは、ほんの数秒です。 その数秒間でチェックするのは、外見なのです。 50代女性は、風俗店の面接であれオフィスカジュアルで臨むべきで