50代の本音

50代風俗嬢向け!見た目年齢を若くするアンチエイジングの方法

50代の本音
50代の風俗嬢は、待機中に自分の顔を見るたび溜め息をついていませんか? 顔のたるみ・小ジワ・シミは、熟女風俗嬢の敵ですよね。 今回は、50代風俗嬢向けのアンチエイジング方法について解説します。 加齢が進行した肌には、相応の対策が必要です。 アンチエイジングを正しく行えば、50代女性も見違えるはずです。 風俗店の店年齢を若く保つ為にも、50代風俗嬢はアンチエイジングを徹底しましょう。 以下より、3つのアンチエイジング方法を順番にご紹介します。   抗酸化作用の高い食材を摂ろう   アンチエイジングに効果的な方法は、上記の食材を使った食事療法です。 50代女性が失いがちなビタミンC・ミネラルを補給し、がん発生率を高める活性酸素を撃退するのが一番です。 以下より、上記の食材を使ったレシピをいくつか挙げます。   アサイー&ブルーベリーのヨーグルト   ずぼらな50代女性にもぴったりのレシピです。 ヨーグルトは腸内環境を良くする効果があります。 アサイーやブルーベリーを加え、美肌作用×便秘解消の相乗効果を狙いましょう。   パブリカとトマトのアヒージョ 洋食やイタリアンの献立によく合う一品ですね。 アヒージョに欠かせないオリーブオイルは、血液をサラサラに保つ効果があります。 血流改善をすることで、50代女性は体の内側から美しくなれます。 味付けには、DNAたっぷりのアンチョビ・ミネラル豊富な藻塩を使いましょう。   オールインワンゲルを使って手軽にスキンケア 50代女性の悩みとしてよく挙げられるのは、「化粧品が高価すぎる」というものです。 アンチエイジングをし、いつまでも若々しい肌

50代女性で風俗嬢になれない人の特徴を徹底解説

50代の本音
50代女性でも風俗嬢として活躍する人は沢山います。 しかし、中にはどんなに多くの求人に応募しても面接で採用されない50代女性もいます。 今回は、50代女性で風俗嬢になれない人の特徴についてお伝えします。 面接の採否を決めるのは、容姿レベルだけではありません。 熟女専門の風俗店に採用される為には、風俗店のコンセプトに合うことも重要なポイントなのです。 50代で熟女風俗嬢を目指したい人は、本記事内容を参考に採用基準を満たして下さいね。   50代女性で風俗店の面接に落ちる人の特徴5選 同じ50代女性でも、風俗店の面接に採用される人と立て続けに不採用になる人がいます。 当人は、どうして面接の採否結果に違いが生まれるのか理解していません。 実は、同じ50代女性でも「風俗嬢に向いていない」と思われてしまう人は、目立った特徴があるのです。   清潔感がない 50代女性で風俗店の面接に落ちやすいのは、清潔感がない人です。 風俗嬢は、男性客と裸の付き合いをしますよね。 その際に、清潔感がない女性に男性は興味を持つでしょうか? 答えは、NOです。 たとえ50代と加齢が進んでいても、清潔感や女性らしさを忘れてはいけません。   第一印象が「だらしない」 50代女性で金銭的に困っていると、風俗店の面接にも適当な服装で臨みがちです。 優良な熟女系風俗店の面接官が、ダメージジーンズにTシャツの女性を見たらどう思うでしょうか? 「面接時の服装も知らないのだな」と内心でガッカリされてしまうでしょう。 人の第一印象が決まるのは、ほんの数秒です。 その数秒間でチェックするのは、外見なのです。 50代女性は、風俗店の面接であれオフィスカジュアルで臨むべきで

50代熟女風俗嬢の魅力は?熟女専男性の体験談もご紹介

50代の本音
50代風俗嬢は、私生活では結婚や出産を経験し、母親として子育ても経験しています。 もちろん、未婚の女性もいますが、20代や30代の風俗嬢よりも経験豊かです。 今回は、50代熟女風俗嬢の魅力についてお伝えします。 最近、熟女風俗嬢の需要が増え、多くの男性客が50代女性のいる風俗店に来店しています。 50代女性で熟女風俗嬢として自信を失くしてしまった人は、本記事をチェックして下さい。 熟女の魅力について自覚し、また明日から明るく働きましょう。   50代熟女風俗嬢はキスのテクニックがすごい!熟女専風俗客の体験談 50代女性に魅了される中年男性の中でも、週3で熟女専門の風俗店に足を運ぶB場さんの体験談をご紹介します。 50代女性は、「女性としての全盛期を終えた……」と落胆することが多いでしょう。 しかし、20代や30代が全盛期とは限りませんよ。 50代に突入したからこそ、需要が生まれることも多々あるのです。  都内の某熟女系デリヘルに通い、1年が経ちます。 僕が指名する女性は、パッと見は「普通のお母さん」像に近いでしょう。 でも、彼女のキスのテクニックは凄いんです。 Dキスだけでこんなに快感を覚えたのは初めてで、経験豊富な熟女ならではの魅力だと気づきました。 外見的な特徴云々よりも、彼女のサービス精神や会話力、テクニックに夢中です。 彼女を知ってから、他の女性には興味が持てなくなりましたね。   50代熟女風俗嬢の内面的魅力3選 50代の熟女風俗嬢は、体験談に挙げたB場さんのように、多くの男性を魅了しています。 その秘密は、50代女性ならではの魅力にありました。 以下より、50代熟女の魅力に迫ります。   母性と包容力がある 50代女性を指名する男性客は

熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由と稼ぎ方

50代の本音
50代で風俗嬢をやっている女性は、引退を考えることも少なくないでしょう。 年齢的に加齢が目立ってくる時期ですし、体力の衰えも感じる頃かと思います。 今回は、50代熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由と稼ぎ方についてお伝えします。 年齢や体力減という理由以外でも、引退を考える50代風俗嬢もいます。 そのなかには、稼ぎ方を変えるだけで、まだ現役風俗嬢として活躍出来る人もいます。 風俗の仕事をストレスに感じていない限り、引退まで出来るだけ高収入を得続けましょう。 50代で引退を考えている風俗嬢は、ぜひ本記事内容を熟読して下さい。   50代熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由 50代女性でも風俗嬢を続ける人と引退を考える人がいます。 両者の違いは、どこにあるのでしょうか? 以下より、50代熟女風俗嬢が引退を考える理由を3つ挙げます。   稼げなくなるから 50代風俗嬢が引退を考える一番の理由は、稼げなくなるからです。 加齢が進行すると、女性は肌のシワやたるみ、シミなどが目立つようになります。 外見的な魅力が稼ぎを大きく左右する風俗の仕事は、年齢によって断念せざるを得ない場合もあるのです。   体力的にキツイから 50代風俗嬢の多くは、若い頃に比べて体力の衰えを体感しています。 年齢とともに新陳代謝が落ち、前日の仕事の疲れも持ち越す日が増えるのでしょう。 風俗嬢は、一見ラクなイメージを持つ人も少なくありません。 しかし、風俗の仕事は体力勝負な一面があります。 指名が連続して入ると、立て続けに何人もの男性客を相手にしなければなりません。 若さで乗り切れる仕事でもある為、50代女性にとってはキツイと感じることも多いのです。  

50代熟女が働ける風俗職種を教えて!待遇や保証面も詳細解説

50代の本音
50代といえば、20代風俗嬢の「母親」に当たる年齢ですよね。 そんな熟女の年齢に達しても、風俗嬢として働く女性もいるのです。 今回は、50代風俗嬢が働ける風俗職種について詳しくお伝えします。 50代から初めて風俗バイトをしようと考える熟女もいます。 現代の風俗業界は、男性のニーズが多様化しているのに比例し、真新しいコンセプトの風俗店が増えています。 これから風俗嬢として活躍したい50代女性も、ぜひ本記事内容に目を通してみて下さい。   50代風俗嬢が活躍出来る風俗職種3選 50代でも女性らしさや色気を保てていれば、風俗嬢として稼げるチャンスはあります。 風俗求人には、数えきれないほどの求人募集がかかっていますね。 その中から、「50代」「高収入」で求人検索するのも良い方法ですが、まずはおすすめの職種について学びましょう。 以下の表に、50代女性におすすめの職種と仕事内容をまとめました。 風俗業界でも人気職種として知られるデリヘルは、無店舗型風俗です。 待機中は1人で自由に過ごしたい、という50代女性に向いています。 基本的に、デリヘルでは事務所待機はなく外待機がほとんどですね。 ホテヘルは、「デリヘルに受付所が付いた職種」と考えてもらえればOKです。 待機中に周りの視線を感じたくない女性にはもちろん、受付段階で客層を知っておきたい50代女性にも支持されています。 ソープを選ぶ50代女性は、短期間でまとまった金額を稼ぎたい人ですね。 50代女性の平均月収以上を稼ぐ為に、大衆店で回転数を重視する人もいれば、熟女系ソープで指名数を伸ばす女性もいます。 いずれの職種でも、50代女性が生計を立てていく為の収入は確保しやすいでしょう。   50代女性

50代って風俗業界から需要あるの?風俗で生計立てられる?

50代の本音
風俗嬢といえば平均年齢が20代前半の女性が多いですよね。 その中で、50代で現役風俗嬢として働く女性も結構いるのです。 現役女子大生が若くに風俗で働くのと同じく、50代女性もお金の為に風俗バイトをします。 気になるのは、「50代って風俗業界から需要あるの?」ということですよね。 今回は、50代風俗嬢の需要や平均月収についてお伝えします。 50代女性のうち、風俗で生計を立てるつもりの人は、本記事を参考にしてみて下さい。   若さだけがウリじゃない!50代離婚・シングルマザー兼ソープ嬢の体験談 50代のソープ嬢なんて需要がない、という記事をよく見かけます。 しかし、様々な事情を抱えながらソープ街で働く50代熟女は確実にいるのです。 では、50代で離婚しシングルマザーとなった女性は、どんな生活をしているのでしょうか?   50代離婚・シングルマザー兼ソープ嬢M子さんの体験談 私がソープ嬢として働き出したキッカケは、離婚でした。 子供は成人していましたが、旦那がいた頃まで定職に就いていなかった私は、生活費に困ったのです。 入店先は、30代~50代女性が在籍する大衆ソープでした。 容姿に自信がなかった私は、代わりに「熟女らしさ」で客ウケを狙うことにしたのです。 その甲斐あってか、今では平均月収40万円~50万円ほど稼いでいます。 M子さんのように、離婚を機に生活費に困り風俗嬢になる女性は少なくありません。 シングルマザーでも子供が成人していない場合、尚更、短時間の出勤で高収入を稼がなくてはなりません。 その際、大衆ソープなら本番をすることでバック金額が上がるので稼ぎやすいのです。 50代女性でM子さんのような事情を抱える人は、大衆ソープで働いてみましょう。 無理に若