熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由と稼ぎ方

50代で風俗嬢をやっている女性は、引退を考えることも少なくないでしょう。

年齢的に加齢が目立ってくる時期ですし、体力の衰えも感じる頃かと思います。

今回は、50代熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由と稼ぎ方についてお伝えします。

年齢や体力減という理由以外でも、引退を考える50代風俗嬢もいます。

そのなかには、稼ぎ方を変えるだけで、まだ現役風俗嬢として活躍出来る人もいます。

風俗の仕事をストレスに感じていない限り、引退まで出来るだけ高収入を得続けましょう。

50代で引退を考えている風俗嬢は、ぜひ本記事内容を熟読して下さい。

 

50代熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由

50代女性でも風俗嬢を続ける人と引退を考える人がいます。

両者の違いは、どこにあるのでしょうか?

以下より、50代熟女風俗嬢が引退を考える理由を3つ挙げます。

 

稼げなくなるから

50代風俗嬢が引退を考える一番の理由は、稼げなくなるからです。

加齢が進行すると、女性は肌のシワやたるみ、シミなどが目立つようになります。

外見的な魅力が稼ぎを大きく左右する風俗の仕事は、年齢によって断念せざるを得ない場合もあるのです。

 

体力的にキツイから

50代風俗嬢の多くは、若い頃に比べて体力の衰えを体感しています。

年齢とともに新陳代謝が落ち、前日の仕事の疲れも持ち越す日が増えるのでしょう。

風俗嬢は、一見ラクなイメージを持つ人も少なくありません。

しかし、風俗の仕事は体力勝負な一面があります。

指名が連続して入ると、立て続けに何人もの男性客を相手にしなければなりません。

若さで乗り切れる仕事でもある為、50代女性にとってはキツイと感じることも多いのです。

 

老後が不安だから

50代女性の中には、新卒の年齢からずっと風俗嬢を続けてきた人もいます。

その合間に昼職を兼業したこともあったでしょう。

しかし、生活収入の大半を風俗で稼いでいる女性は、老後を懸念することも多いです。

50代のうちにパート先を探し、老後までに社会的信用を取り戻そうと慌て、風俗嬢を引退するのです。

 

まだ現役でいられる50代熟女風俗嬢の特徴5選

50代熟女風俗嬢のうち、風俗嬢を引退するかどうかを迷う人も少なくありません。

そんな女性に向けて、まだ現役風俗嬢でいられる50代女性の特徴をご紹介します。

1つの目安としてお目通し下さい。

 

見た目年齢が若い

まず第一に、50代熟女風俗嬢で現役の人は見た目年齢が若いです。

風俗業界で重視されるのは、実年齢ではないことを知っているでしょうか?

例えば、実年齢が58歳でも見た目年齢で40代に見えれば風俗嬢として十分通用します。

見た目年齢を決める要素は、肌質・体型・顔だちの3つです。

何歳になっても童顔な女性なら、客ウケする熟女風俗嬢としてまだまだ活躍出来ますよ。

 

体力的に問題ない

風俗嬢として指名客の接客を1日に何本もこなすには、体力が必要不可欠です。

日頃から体を動かすことが好きで、体力仕事にも自信がある50代女性ならまだ稼げます。

現役風俗嬢として少しでも長く稼ぎたいなら、適度な運動を私生活でも取り入れましょう。

 

昼職と兼業している

50代女性の多くは、昼職と風俗バイトを兼業しています。

掛け持ちしている昼職で一定のキャリアを積んでいるなら、老後も年金や退職金で暮らしていけるでしょう。

風俗嬢を引退した時、老後の生活を保障出来るだけの蓄えを持っておきたいものです。

 

身バレしても問題ない

50代熟女でも、未婚女性や子供がいない人もいます。

風俗嬢として身バレしてもリスクがないなら、顔出しでまだまだ稼げます。

50代熟女風俗嬢だからこそ、男性客はその容姿を知りたがります。

20代の若い風俗嬢でも顔出しは稼ぐ為のポイントですが、50代熟女風俗嬢にも同じことが言えます。

 

固定客が沢山いる

50代熟女風俗嬢の中で、毎月多くの固定客から指名をもらえる人なら風俗嬢として今後も稼いでいけます。

反対に、もしも固定客が1人もいないなら引退時期なのかもしれません。

固定客がいることで、毎月安定収入を手にすることが出来ますよね。

年収の目安を前もって計算する時にも、固定客がいた方が月収換算しやすいです。

 

60歳手前まで引退したくない!熟女風俗嬢の稼ぎ方

50代になっても風俗嬢を引退したくない、と考える女性は結構います。

ただ、50代熟女風俗嬢としての稼ぎ方を知らなければ、それは難しいでしょう。

ここでは、還暦手前まで風俗嬢を続けたい50代女性向けに、稼ぎ方を伝授します。

 

中年~老年男性客別の接客方法を考える

50代熟女風俗嬢におすすめの稼ぎ方として、男性客の年齢別の接客方法を考える方法があります。

以下に、40代~60代以上の男性客に合わせた接客方法を提案します。

男性客の年齢 接客方法
40代男性 熟女フェチが多い為、
熟女らしく落ち着いた大人の女性を演出
50代男性 同世代の男性客ですので、恋人接客で疑似恋愛を楽しむ
60代男性 勃起しなくなる年齢ですので、密着する時間を多く取る

 

 

上記のように、男性客の年齢に合わせて接客方法を工夫することが稼げる秘訣です。

50代熟女風俗嬢の色気を出すのは40代男性・50男性に限定し、60代男性には寄り添う機会を多くするのが良いです。

 

引退まで在籍する風俗店のイメージを描く

 

50代女性のみなさんは、今在籍している風俗店に満足していますか?

風俗嬢を引退するまで快適に働ける環境でないなら、移籍をおすすめします。

まずは、ご自身が働きたい風俗店のイメージを描きましょう。

希望待遇・コンセプト・風俗嬢のレベル・バック率を考慮すると良いです。

引退間近の50代熟女風俗嬢だからこそ、最後に働く風俗店選びにはこだわるべきです。

 

まとめ

熟女風俗嬢が引退を考える3つの理由と稼ぎ方についてお伝えしました。

50代女性の中でも、生活費が稼げないこと・体力的にキツイことが、風俗嬢を引退するキッカケとなっています。

ただし、接客方法を見直すことで収入アップは目指せます。

引退について迷っているのなら、まずは男性客の年齢別接客方法を実践してみて下さい。

また、50代熟女風俗嬢としてまだまだ現役でいたい女性は、働く環境を見直すことも大事ですよ。