日別: 2018年6月20日

20代なのに指名されない。あなた風俗嬢に向かないかも。適性診断

20代の本音
20代風俗嬢のうち、指名されない女性はどの程度いるのでしょうか。 人並みに努力している人であれば、少なからず固定客はつきます。 しかし、なかには「自分なりに頑張っているのに指名されない」と感じる風俗嬢も。   若さで勝負出来る20代のうちから指名されない場合、風俗嬢には向いていません。 性格傾向、性への意識、会話力、プレイのテクニックなど、自分をあらゆる面から客観的に分析し、風俗でこの先も働いていけるかを見極めましょう。   収入につながらない仕事をダラダラと続けていても、成長しません。 自分の得意・不得意を分析して、相性の良い仕事を選び取るのが人生を謳歌する秘訣です。 風俗嬢に向かない女性の特徴と適性診断方法をご紹介します。   風俗嬢に向かない女性は「職人気質」   まず、20代という若い年代でも風俗嬢に向かない女性の性格傾向を挙げます。 風俗の仕事はサービス業で、接客を行ってこそ成り立ちます。 「職人気質」で1人黙々と作業することの多い女性は、風俗嬢向きとは言えません。   なぜなら、協調性を欠くから。 他人を楽しませることより、特定の分野に対して自分1人で突き進むのが職人ですよね。 でも自分の世界の中で物事を完結させる性格の人は、お客さんへの接客力が不十分…。 それでは男性客の満足度は上がらず、指名されません。   男性客へのサービスや会話の質によって収入が決まる風俗職種は、協調性と接客力のない女性には向いていないのです。 この性格傾向は、風俗においてはデメリットでも、他の仕事ではメリットに働くことも。 風俗嬢としての素質がないとはいえ、落胆することではありません。

50代風俗嬢向け!見た目年齢を若くするアンチエイジングの方法

50代の本音
50代の風俗嬢は、待機中に自分の顔を見るたび溜め息をついていませんか? 顔のたるみ・小ジワ・シミは、熟女風俗嬢の敵ですよね。 今回は、50代風俗嬢向けのアンチエイジング方法について解説します。 加齢が進行した肌には、相応の対策が必要です。 アンチエイジングを正しく行えば、50代女性も見違えるはずです。 風俗店の店年齢を若く保つ為にも、50代風俗嬢はアンチエイジングを徹底しましょう。 以下より、3つのアンチエイジング方法を順番にご紹介します。   抗酸化作用の高い食材を摂ろう   アンチエイジングに効果的な方法は、上記の食材を使った食事療法です。 50代女性が失いがちなビタミンC・ミネラルを補給し、がん発生率を高める活性酸素を撃退するのが一番です。 以下より、上記の食材を使ったレシピをいくつか挙げます。   アサイー&ブルーベリーのヨーグルト   ずぼらな50代女性にもぴったりのレシピです。 ヨーグルトは腸内環境を良くする効果があります。 アサイーやブルーベリーを加え、美肌作用×便秘解消の相乗効果を狙いましょう。   パブリカとトマトのアヒージョ 洋食やイタリアンの献立によく合う一品ですね。 アヒージョに欠かせないオリーブオイルは、血液をサラサラに保つ効果があります。 血流改善をすることで、50代女性は体の内側から美しくなれます。 味付けには、DNAたっぷりのアンチョビ・ミネラル豊富な藻塩を使いましょう。   オールインワンゲルを使って手軽にスキンケア 50代女性の悩みとしてよく挙げられるのは、「化粧品が高価すぎる」というものです。 アンチエイジングをし、いつまでも若々しい肌

50代女性で風俗嬢になれない人の特徴を徹底解説

50代の本音
50代女性でも風俗嬢として活躍する人は沢山います。 しかし、中にはどんなに多くの求人に応募しても面接で採用されない50代女性もいます。 今回は、50代女性で風俗嬢になれない人の特徴についてお伝えします。 面接の採否を決めるのは、容姿レベルだけではありません。 熟女専門の風俗店に採用される為には、風俗店のコンセプトに合うことも重要なポイントなのです。 50代で熟女風俗嬢を目指したい人は、本記事内容を参考に採用基準を満たして下さいね。   50代女性で風俗店の面接に落ちる人の特徴5選 同じ50代女性でも、風俗店の面接に採用される人と立て続けに不採用になる人がいます。 当人は、どうして面接の採否結果に違いが生まれるのか理解していません。 実は、同じ50代女性でも「風俗嬢に向いていない」と思われてしまう人は、目立った特徴があるのです。   清潔感がない 50代女性で風俗店の面接に落ちやすいのは、清潔感がない人です。 風俗嬢は、男性客と裸の付き合いをしますよね。 その際に、清潔感がない女性に男性は興味を持つでしょうか? 答えは、NOです。 たとえ50代と加齢が進んでいても、清潔感や女性らしさを忘れてはいけません。   第一印象が「だらしない」 50代女性で金銭的に困っていると、風俗店の面接にも適当な服装で臨みがちです。 優良な熟女系風俗店の面接官が、ダメージジーンズにTシャツの女性を見たらどう思うでしょうか? 「面接時の服装も知らないのだな」と内心でガッカリされてしまうでしょう。 人の第一印象が決まるのは、ほんの数秒です。 その数秒間でチェックするのは、外見なのです。 50代女性は、風俗店の面接であれオフィスカジュアルで臨むべきで