月別: 2018年4月

30代OL風俗嬢の生活を徹底解剖!体験談もご紹介

30代の本音
30代女性のうち、昼職と風俗バイトを兼業している人はどの程度いるのでしょうか。 これから兼業を考えている人にとって、昼職と風俗の両立方法も気になりますよね。 今回は、30代OL風俗嬢の生活を徹底解剖!体験談もご紹介についてお伝えします。 30代を過ぎてから何かと物入りになり、ライフワークバランスが変わる女性たちは多くいます。 昼職と風俗を両立させる為の身バレ対策についても、「生の声」を参考にお伝えします。   昼職の一般事務と夜のデリヘルで月収40万~30代風俗嬢Fさんの体験談~ 昼職が一般事務の場合、正社員雇用でも月収20万円前後という会社も多くあります。 しかも拘束時間や出勤日を固定されるわけですから、風俗と兼業するのは不可能にみえますよね。 実際のところ、昼職の一般事務とデリヘルの両立は可能なのでしょうか?   30代に突入するまでは、新卒から続けている一般事務の仕事一本で生計を立てるつもりでいました。しかし、昇給ナシ・ボーナスナシのブラック企業にうんざりしたのです。先輩が35歳から風俗バイトを始めたのを聞き、思い切って風俗求人を見てみました。すると、月8日出勤で月収20万と書いてあったのです。その金額は、私が毎日8時間×22日働いて得る一般事務の月収と同じです。ただ、風俗嬢一本で働けば確実に社会的信用を失うと思い、デリヘルとのWワークを始めたのです。一般事務の昼職は正社員雇用なので、変わらず22日出勤。デリヘルには、土日や祝日を使って月に3~4日出勤しています。ほとんど休みナシで働いているのでキツイですが、月収は40万に跳ね上がったので、満足ですね。 Fさんの体験談をみてわかる通り、昼職で正社員雇用の場合、風俗バイトとの両立は可能ですが激務と言えますね。 月収を

現役大学生が風俗嬢になる理由と働き方・おすすめ引退時期

20代の本音
女子大生で風俗嬢になる女性がいるように、世の中には様々な事情を抱える人たちが存在します。 現役大学生は、学費を稼ぐ為に風俗バイトをすることもあります。 学費を援助する方法として奨学金を利用する方法もありますが、それでも参考書や交通費を賄うのには不十分なこともあるのです。 今回は、現役大学生が風俗嬢になる理由と働き方・おすすめ引退時期についてお伝えします。 現役大学生で学費に困っている女性は、本記事内容を参考に稼ぐ手段を得てくださいね。   女子大生はなぜ風俗嬢になる? 女子大生というと、18歳~22歳までの女性を指します。 その若さであっても、風俗嬢として稼いでいる女性は少なくありません。 以下では、女子大生がなぜ風俗嬢になるのかをお伝えします。   学費を払えないから 女子大生が風俗嬢として稼ぐ理由は、学費を工面する為であることがほとんどです。 大学の学費は、4年制国公立大学で500万円以上・私立大学で700万円以上かかると言われています。 これだけの学費を、奨学金一本で賄うのは非常に厳しいですよね。 加えて、奨学金は一部の成績優秀者にしか付与されません。 この事実を考えると、大学在学中も高収入ワークをしなければ授業料も払えないでしょう。 その為、女子大生は風俗で働くことが多いのです。   大学と風俗バイトを両立させる働き方 風俗嬢デビューが出来ても、大学に通いながら継続的に風俗の仕事をこなすのはラクではありません。 効率よく稼いで時間の余裕を作らないと、講義のレポートもなかなか終わらないですよね。 では、大学と風俗バイトを両立させる働き方とは、どのような働き方なのでしょうか?   出来るだけ高額バックの風俗店に入店す