20代なのに指名されない。あなた風俗嬢に向かないかも。適性診断

20代風俗嬢のうち、指名されない女性はどの程度いるのでしょうか。

人並みに努力している人であれば、少なからず固定客はつきます。

しかし、なかには「自分なりに頑張っているのに指名されない」と感じる風俗嬢も。

 

若さで勝負出来る20代のうちから指名されない場合、風俗嬢には向いていません。

性格傾向、性への意識、会話力、プレイのテクニックなど、自分をあらゆる面から客観的に分析し、風俗でこの先も働いていけるかを見極めましょう。

 

収入につながらない仕事をダラダラと続けていても、成長しません。

自分の得意・不得意を分析して、相性の良い仕事を選び取るのが人生を謳歌する秘訣です。

風俗嬢に向かない女性の特徴と適性診断方法をご紹介します。

 

風俗嬢に向かない女性は「職人気質」

 

まず、20代という若い年代でも風俗嬢に向かない女性の性格傾向を挙げます。

風俗の仕事はサービス業で、接客を行ってこそ成り立ちます。

職人気質」で1人黙々と作業することの多い女性は、風俗嬢向きとは言えません。

 

なぜなら、協調性を欠くから。

他人を楽しませることより、特定の分野に対して自分1人で突き進むのが職人ですよね。

でも自分の世界の中で物事を完結させる性格の人は、お客さんへの接客力が不十分…。

それでは男性客の満足度は上がらず、指名されません。

 

男性客へのサービスや会話の質によって収入が決まる風俗職種は、協調性と接客力のない女性には向いていないのです。

この性格傾向は、風俗においてはデメリットでも、他の仕事ではメリットに働くことも。

風俗嬢としての素質がないとはいえ、落胆することではありません。

 

「性」への関心が薄い女性は人気嬢にはなれない

風俗嬢といえば、性的なサービスを提供するのがメインの仕事。

そもそもセックスが嫌いだったり、「性」への関心が薄い女性は向いていません。

なぜなら、アダルトな雰囲気にもならず、男性客を萎えさせてしまうからです。

高収入を稼げる分、風俗で求められるのは性的サービスで男性客の満足度を上げること。

 

色んな事情を抱えて風俗嬢になる女性も多いでしょうが、仕事内容に抵抗がある以上は指名されないので、別の仕事を探した方がよほど稼げますよ。

男性客の裸体に抵抗がある場合も同様に、風俗以外の職種に就きましょう。

お金のためだけに風俗嬢をしている女性は、その精神がお客さんにも伝わってしまいます。

 

「コミュ障」な20代女性は地雷嬢として悪評が広まりやすい

 

20代女性の誰もが、人と円滑に会話出来るわけではありません。

高収入ワークに興味を持っていても、いざ風俗嬢になってみるとお客さんからの評判の悪さに滅入ってしまうことも…。

ネット上に「コミュ障」との悪評が続くようだと、指名率も低迷します。

 

ただでさえ孤独感などからストレスを感じやすい風俗の仕事で、肝心の男性客からも批評されるようでは、精神的にもちません。

極度の人見知りや対人恐怖症などの持病を抱える20代女性は、風俗嬢には向きません。

 

④プレイのテクニックが一向に上がらないなら風俗は早めに引退すべき

 

風俗嬢として長く男性客から愛され続けることは、容易くありません。

相応の努力をしなければ、いずれ固定客からも飽きられてしまう…。

その後は指名が減り、連日お茶を引く日も増えてきます。

プレイのテクニックがない20代風俗嬢は、こうした経験があるのではないでしょうか?

 

性的サービスへの抵抗感からプレイのテクニックが上達しない人、そもそも向上心がない人とあらゆるパターンがありますが、どちらにせよ風俗嬢には向いていません。

厳しいように聞こえるかもしれませんが、実際、テクニックのない風俗嬢はお店側も男性客にオススメしづらいもの。

 

入店したばかりの新人風俗嬢以外は、「このプレイは出来ません」では通用しません。

高収入を稼ぐには、在籍期間とともにテクニックを高めていく必要があります。

もっと言えば、入店当初から変わり映えしない風俗嬢は、お店にとってコストに過ぎないのです。

~風俗嬢に向いている?向いていない?適性診断方法をご紹介~

自分が風俗嬢に向いているかどうかを確かめるためには、適性診断をするのが手っ取り早いです。

オススメは、大手就活サイトに掲載されている診断ツールを使う方法。

ここでは、風俗嬢に向いているか否かの調べ方について詳しくお伝えします。

 

  • リクナビの適性診断ツールがオススメ!

 

大手就活サイトとして有名なリクナビでは、自分の性格傾向向いている仕事を診断出来るツールが多数あります。

その中でもオススメの適性診断方法2つを、下記にまとめてみました。

適性診断ツール 診断内容 所要時間
リクナビ診断 性格傾向と相性の良い職業 5分
リクナビNEXT・グッドポイント診断 自分の「強み」を診断 30分
【リクナビ診断の使い方】
1.リクナビ診断のURLをクリック
2.IDとパスワードを入力の上、ログイン(初回会員登録が必要)
3.100問の質問に答える

リクナビ診断を行うためには、初回は会員登録が必要です。

1度登録作業さえ済ませておけば、自己分析をしたいタイミングでいつでも使用可能。

診断にかかる時間もわずか5分ですので、スピーディーに適性診断したい人に最適です。

また、質問に答える際のポイントとしては、迷わず即決していくこと。

直感的に「これだ!」と決めた選択肢をブレさせないことで、より正確な診断結果が出やすくなります。

【リクナビNEXT・グッドポイント診断の使い方】
1. リクナビNEXT・グッドポイント診断のURLをクリック
2.IDとパスワードを入力の上、ログイン(初回会員登録が必要)
3.制限時間内に質問に答える

 

リクナビNEXT・グッドポイント診断では、18種類の強みの中から、あなたに当てはまる特徴をあぶりだします。

風俗嬢を早々に引退しても、20代ならば転職出来る可能性は無限大。

 

企業にアピール出来る強みをじっくり分析するには、このリクナビNEXT・グッドポイント診断が一番です。

実際に診断してみて私が感じたのは、このツールを使うことで、「本当にやりたいことの方向性が定まる」ということ。

 

風俗嬢として働いている20代女性の中には、まだまだ自分の夢や目標が見つかっていない人も沢山いますよね。

そんな時、「自分に何が出来るのか」を探す際に、このツールを使って自己分析しておくと選択肢が絞られますよ。

 

  • 適性診断で「風俗嬢として必要な素質」があるかどうかをチェック!

 

本記事の冒頭部分から中盤までは、風俗嬢に向いていない人=指名率が伸びない20代という内容で解説してきました。

適性診断結果が出たら、風俗嬢との相性の良し悪しもチェックしてみましょう。

 

信用度の高い大手就活サイトの適性診断ツールですから、もしも風俗嬢には不向きな特徴が多くみられる結果なのであれば、早めの転職をおすすめします。

また、ツールを使わなくても風俗嬢として活躍の見込みが薄い人は、新人期間にもかかわらず指名が入らない20代。</span >

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、風俗嬢に向かない女性の特徴と適性診断方法をご紹介しました。

様々な目的や動機を持って、風俗店に在籍している20代女性は少なくありません。

それでも、向いていない仕事をお金のためだけに続けるのは賢明ではないですよね。</span >

 

本当に大切なのは、自分に合っている仕事で楽しんで稼ぐこと。

指名が入らない時間は、風俗嬢にとっての「ムダな時間」。

そのことを意識することで、自己分析をして適職に就く決心もつくはずです。